大阪での残業代請求の事例

まずは交渉で残業代の支払いを求め、会社が応じない場合は訴訟に持ち込むケースが多いです。やみくもに請求するのではなくきちんと証跡をそろえていくので、確実に手続きを進めていけます。

残業代にまつわるよくある質問

管理職は残業代請求できますか

一般にいう管理職でも法律上の管理監督者に当たらない場合や、深夜労働の場合などは残業代請求ができます。

土日祝日の労働はすべて休日労働ですか

休日労働にはなりません。会社が定める休日に勤務したとしても。労働基準法が定める4週を通じて4日以上の休日を超えない場合は法定休日労働の範囲外です。

近場の弁護士に頼んだ方がいいですか

証跡集めや会社との交渉など、現地に出向くこともあります。東京や大阪にたくさん弁護士がいるのは事実ですが、近場の弁護士でも十分対応してくれるので、まずは近隣の弁護士に相談してみましょう。

残業代を請求すると転職に不利ですか

ご自身で話をしない限り、転職先に知られることはほとんどありません。残業代請求と共に退職、転職を検討していても問題ありません。

固定残業代制でも請求できますか

実際に働いた時間の方が長い場合は超過した差額を請求できます。固定残業代制そのものが無効なケースもあるので一度弁護士に相談してみましょう。

残業代は請求できる

男女

労働者として働いているときに、残業をするのは珍しい話ではないです。通常の就業時間以外まで働くことで残業になりますが、通常の賃金よりも高い賃金を受け取ることができます。そのため残業をすることで給料が上がるような効果もあるので、労働者にとっては悪いことではないです。ただ残業をしているのに残業代が支払われないことがあり、そのような状態になるとサービス残業をしている状態になります。支払われていない残業代は請求することができますが、個人的に残業代請求をするのは難しいです。法律の知識がないと厳しいので弁護士のサポートが欠かせませんが、大阪には信頼できる弁護士が存在するので安心できます。大阪の労働問題に強みを持っている弁護士のサポートを受けることで、残業代請求をすることが可能です。

お金を受け取れる

弁護士バッジ

残業代請求をすることで、不当に貰えなかった残業代を受け取ることができますから、シンプルにお金を貰えるので嬉しい筈です。残業をしている労働者であれば、すべての人が残業代を受け取ることができますから、不当な状態を改善することができます。大阪の弁護士に相談をすることで、スムーズに悩みを相談することができますから、不当な状態で悩んでいる場合は早めに相談をすることで問題を解決できる筈です。しっかりと働いた分のお金を受け取れるので、喜びも大きいと考えられます。

基本的に損はしない

男性弁護士

大阪にも弁護士はたくさん存在しますが、残業代請求を任せるときに、料金について把握をしておく必要があります。弁護士によってサポートを受けるときに必要となる料金に違いがありますから、残業代請求をする場合は請求をする残業代よりもサポートの料金が高くならない所を利用するのが大切です。大阪の多くの弁護士は良心的な料金設定で残業代請求を引き受けてくれますから、そこまで心配をする必要はありません。基本的に損はしない範囲で、サポートを受けることができますから、安心して残業代請求ができる筈です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中